【Mac OS】SSTP方式で「SoftEther VPN Server」にVPN接続してみた!(「iSSTP」を使ってGUIで簡単リモート!)

VPN Azureは、NAT配下に存在する SoftEter VPN Server(Raspberry Pi)に NAT Traversal で接続する際に、クライアントとVPN Azure間は、Secure Socket Tunneling Protocol (SSTP)というプロトコルを使用して接続する。

AzureはMicrosoftなので、Windows端末の場合は、Windowsに標準搭載された機能としてSSTPが利用できるのだが、Mac OS Xな人は、SSTPを利用するには、ハードルがある。

なんと、Mac OS Xにおいて、GUI で SSTP接続を実現できるツールを見つけたので紹介したい。

目次

「iSSTP」のダウンロードとインストール

まずは、アプリをダウンロードします。
以下のWebサイトにアクセスをします。

https://www.axot.org/2015/03/03/isstp-a-sstp-client-for-mac-osx/

トップページが表示されるので、画面を少し下にスクロールすると、「iSSTP」の項目が表示されます。
リンクをクリックします。

「Download iSSTP」をクリックして、アプリをダウンロードします。
ダウンロード後は、zipファイルを展開します。

最後に「iSstp.app」を「アプリケーション」に追加すればインストールが完了です。

「iSSTP」でVPN接続

インストールが完了したので、早速VPN接続を試してみたいと思います。
ウィンドウ右側の「New」をクリックし、追加された項目に接続先の情報を入力していきます。

  • 「Name」・・・任意の名前を設定。わかりやすい名前を設定します。
  • 「Server Name」・・・VPN サーバのFQDNを記載(VPN Azure の場合は “xxx.vpnazure.net”)
  • 「Username」・・・VPN 接続のユーザ名(SoftEther VPN で設定した場合は VPN 接続のために用意したユーザー)
  • 「Password」・・・上記ユーザのパスワード

「SoftEther VPN」の管理ツールで以下の画面からそれぞれの情報を確認します。

情報の入力が完了したら、画面右側の「Save」をクリックして情報を保存します。
その後、右下の「Connect」でVPN接続を開始できます。

左下のステータスが「Not Connected!」から「Connected」に切り替われば接続が完了です!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次