【Excel VBA】非表示シートをコピー操作するとエラーになってしまう場合の対処方法!手順まとめ!(初心者向け・簡単コピペで利用可能!)

目次

非表示シートをコピー操作する

ExcelでVBAを使うとき、非表示シートをそのまま指定して操作しようとすると、エラーになります。
そこをエラー回避してする方法を説明しています。

記述は以下の通りで簡単です。

'非表示シートを一度表示。その後シートコピー処理。再度非表示に戻す。
 With Worksheets("非表示にしているシート名")
     .Visible = True
     .Activate
     .Copy After:=Sheet_01
     .Visible = False
 End With

処理の説明

一行ずつ内容を見ていきます。

' まず、非表示にしているシート名を指定
With Worksheets("非表示にしているシート名")
'「.Visible」を「True」にすることで、指定したシートを表示。
     .Visible = True
'「.Activate」でシートを選択。
     .Activate
'「.Copy」でシートをコピー。「After:=Sheet_01」で「Sheet_01」というシートの後ろにコピーしますよという記述になります。
     .Copy After:=Sheet_01
'「.Visible」を「False」にすることで、指定したシートを再度非表示に。
     .Visible = False
'シート名を指定を終了。 
End With
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次