【WordPress】カスタム投稿タイプで「JetPack」のパブリサイズ共有を使えるようにする方法!(「Custom Post Type UI」を使った設定例あり!)

目次

「function.php」にコードを追加する

方法は簡単です。
以下のコードを「function.php」に追加し、編集をします。

/* パブリサイズ共有 カスタム投稿タイプ追加
========================================================= */
function XXXXXX_cpt_publicize_share() {
add_post_type_support( 'XXXXXX', 'publicize' );
}
add_action( 'init', 'XXXXXX_cpt_publicize_share' );

「XXXXXX」の部分を「投稿タイプのスラッグ」に変更します。

「Custom Post Type UI」を使った設定例

例えば、プラグイン「Custom Post Type UI」を使って「カスタム投稿タイプ」を作成されている方の場合はプラグイン設定の「投稿タイプを編集」を開くとスラッグの確認ができます。

「お知らせ」というカスタム投稿タイプを作っています。

このお知らせを例に作成すると、以下のようになります。

/* パブリサイズ共有 カスタム投稿タイプ追加
========================================================= */
function news_cpt_publicize_share() {
add_post_type_support( 'news', 'publicize' );
}
add_action( 'init', 'news_cpt_publicize_share' );

これで設定は完了です!

パブリサイズ共有の基本設定について

JetPackを利用した、パブリサイズ共有設定がまだの方は設定手順をまとめましたので、ぜひご覧ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次