【Mac OS】「MakeMKV」DVD・Blu-rayを無料でリッピング(データの吸い出し)する

DVDやBlu-rayのディスクのデータをPCに保存したいけれど、どうすればいいのか分からない..。

そのような事でお悩みの方に見ていただければと思います。
手順に沿って進めれば誰でも扱うことができます。



※ 万が一、問題が発生しても責任は負えません…。
 ご自身で判断の上、作業して頂きますようお願いします。

目次

事前準備

用意するものは、2つだけです。

  • Mac OSのパソコン(Macbook、iMacなど)
  • DVD or Blu-ray対応の外付けドライブ

外付けドライブは、DVDのみ対応であればかなり手頃な値段でゲット可能です。

準備ができたら始めていきましょう〜。

「MakeMKV」のダウンロード

今回は、「MakeMKV」というフリーソフトを使っていきます。

https://www.makemkv.com/download/

にアクセスして、「MakeMKV X.XX.X for Mac OS X」の部分をクリックします。

バージョンは変わりますが、 Mac OS Xで見分ければ問題ないですね。

「MakeMKV」のインストール

ダウンロードが完了したら、インストールしていきます。

「makemkv_vX.XX.X_osx.dmg」というファイルがダウンロードされるので、
ダブルクリックして実行します。


インストーラが実行されます。
全て英語なので、少し心配になりますが、問題ありません。

右下の「Agree(同意)」をクリックしてインストーラを進めます。



少し待つと、違う画面が表示されます。
ここで、 Macのアプリケーション内に「MakeMKV」のアプリケーションを追加します。

ここでの動作は、MakeMKVをドラッグして「Application」にドロップするだけ。


アプリが追加されたかをみてみると。

大丈夫ですね。
これでインストールが完了です。

「MakeMKV」を日本語化する

日本語用に設定し直す方法も記載しておきます。

まずはアプリケーションを起動します。



デスクトップの左上に表示されている「Preferences(設定)」をクリックします。



設定画面が表示されるので、「Language(言語)」タブの「Interface Language」を
「日本語」に変更してアプリケーションを再起動します。



成功です。
日本語で表示されるようになりました。



次は、実際にリッピングをしてみます。

リッピングをしてみる

ディスクを挿入!

「MakeMKV」が起動できない時は…

「MakeMKV」は60日ごとに「公認コード」の更新が必要です。

そのため、コードの有効期限が切れてしまうと、アプリケーションが使えなくなってしまいます。
公認コードを更新する手順も書き残しておきます。


デスクトップの左上に表示されている「MakeMKV」の「About MakeMKV」をクリックします。



「Make MKV ベータについて」という画面が表示されるので、
ここで、「公認」をクリックします。




すると、「公認コードを入力してください」のページに移動します。



ここで入力する「公認コード」は、以下のURLでゲットできます。

https://forum.makemkv.com/forum/viewtopic.php?f=5&t=1053


白枠で囲われた、緑色のテキストの部分です。
とっても長いコードですが、これを全てコピーします。



あとは、それを貼り付けて「OK」をクリックします!

認証が成功しました!


これで、アプリケーションを再起動すると
通常通りに利用ができます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次