【Excel VBA】セル挿入・追加の方法(Range.Insert shift)(右方向へシフト・下方向へシフト)

勉強のためにメモ。

目次

セル挿入・追加

挿入したい位置にある「Range」オブジェクトに対して「Insert」メソッドを使い、セルを挿入します。
既存のセルは「右方向」又は「下方向」に指定して、移動させます。

'1番目のシートを「Sht1」という名前で定義
Dim Sht1 As Worksheet: Set Sht1 = Worksheets(1)
    
With Sht1
    '「Sht1」シートで「A1:A36」のセルを追加し、セルは右方向へシフトする
    .Range("A1:A36").Insert shift:=xlShiftToRight

    '「Sht1」シートで「A1:A36」のセルを追加し、セルは下方向へシフトする
    .Range("A1:A36").Insert shift:=xlShiftToDown
End With
    

また、このような書き方もできます。

'1番目のシートを「Sht1」という名前で定義
Dim Sht1 As Worksheet: Set Sht1 = Worksheets(1)
Dim range01 As Range

With Sht1
    '「A1:A36」のセルの範囲で「Range01」という名前を定義
    Set range01 = Range("A1:A36")

    '「Sht1」シートで「A1:A36」のセルを追加し、セルは下方向へシフトする
    range01.Insert Shift:=xlShiftToRight
End With

「range01」としておくと使い回しができ、かつ後からの変更がかなり楽です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次