【macOS】「Microsoft Remote Desktop」を使ってみた!(「Mac」から「Windows」へ簡単「リモートデスクトップ接続」)

目次

「Microsoft Remote Desktop」のインストール

「App Store」のアプリで、「Microsoft Remote Desktop」と検索するとヒットします。
赤と白色のアイコンが目印ですので、見つけたら他のアプリケーション同様にインストールをしてください。

まずは、ダウンロードとインストールを。

インストールができたら、アプリケーションを起動します。

クリックして起動。

起動が完了すると、画面上のバー内に「Microsoft Remote Desktop」のアイコンが表示されます。
こちらをクリックすると、接続・設定など様々な作業ができます。

タスクバーの「Microsoft Remote Desktop」アイコンをクリック。
これで起動は完了です。
(既に利用しているので、過去に接続した端末のデスクトップ画面が表示されています。)

リモート前の準備

続いて、リモートする前の準備をします。
接続前にリモート先の端末の情報を入力して登録をしておく必要があります。

「Microsoft Remote Desktop」のアプリで、「+」のアイコンを一度クリックし、表示された中の「Add PC」をクリックします。

「+」のアイコンをクリック後「Add PC」をクリック。

この中にリモート先PCの情報を入力します。

  • PC name(PC名):リモート先PCの「ホスト名」or「IPアドレス」を入力
  • User account(ログインユーザ名):「Ask when required」は、毎回手動でユーザ名を入力する。という事です。
  • Friendly name(表示名):どのPCの事か分かりやすい説明をつけられます。
  • Group(グループ):基本そのままで問題ないです。
  • Gateway(ゲートウェイ):基本そのままで問題ないです。

その他はオプションなので、最初はスルーしちゃいましょう〜

ちなみに、
「User account」の項目で、「Ask when required」となっている箇所をクリックすると、
毎回ユーザ名を入力する手間が省けるように「Add User Account(ユーザの追加)」の項目があります。

こちらは、

  • Username(ログインユーザ名)
  • Password(ログインパスワード)
  • Friendly name(登録するユーザの分かりやすい表示名)

こちらを入力して右下の「Add(登録)」をクリックすると簡単に登録できます。

以上、入力できればアカウントの登録は完了です。

リモートをする

実際にリモートをしてみます。
先程の作業でPCの登録が完了していると、下の一覧の中に表示されるので、設定した端末名をクリックします。

ここで、証明書関連の警告が表示されるので、問題がなければ「Continue」 をクリックします。

「Unable to Connect」と表示されてしまった場合は、
リモート先PCにアクセスできなかったというエラーが表示されます。

「Unable to Connect」エラー


その場合には、以下の項目を確認してみてください。

  • リモート先PCとの「接続環境」に問題がないか(同じネットワーク内に存在しているか)
  • 設定した「IPアドレス」や「ホスト名(PC名)」が間違っていないか
  • VPN接続の場合は、先に「VPN接続を開始」しているか
  • リモート先PCで「リモートアクセスの許可」ができているか
    (「コントロール パネル」>「システムとセキュリティ」で「リモートアクセスの許可」を開き、
    リモートデスクトップの項目で「このコンピューターへのリモート接続を許可する(L)」を選択して設定を保存します。)

などなど…。

無事に接続が完了できると、「RDP」のウィンドウが表示されて、macのデスクトップ画面内にWindowsの壁紙が表示されました!

以上で接続は完了ですね。

日本語対応について

ちなみにこのアプリは、日本語に対応していないそうです…。


全て英語表記なので、使いづらいと感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、忘れそうになった時にはこちらでご確認いただければと思います。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次