MENU

【Raspberry Pi】Vsftpdでftp接続した際のルートディレクトリをユーザごとに設定

※ftpが利用できる状態(vsftpdがインストールされている)を前提に進めます。

まずは、「vsftpd.conf」を編集します。

vi /etc/vsftpd.conf

# or 

sudo nano /etc/vsftpd.conf

コメントアウトしている以下の行の「#」を外して、書き換えます。

# ユーザはログイン ディレクトリの上部にも自由にアクセス可能。(YESにするとアクセス不可に)
chroot_local_user=NO

# 指定ファイルに記載されたユーザごと(chroot_local_user)の設定に基づいて制御。
chroot_list_enable=YES

# 制御するユーザを記載したファイルの保管されたディレクトリを指す
user_config_dir=/etc/vsftpd/vsftpd_conf

実際にディレクトリを作っていきます。
今回は、デフォルトの「pi」ユーザで。

mkdir /etc/vsftpd/vsftpd_conf/pi

sudo nano /etc/vsftpd/vsftpd_conf/pi/config

ここでHomeディレクトリのパスを指定します。
ここでは、「/home/pi/ftp」というパスにしています。

# local_root=[ホームディレクトリのパス]
local_root=/home/pi/ftp/

リスタートをして外部からFTP接続をしてチェック。

/etc/init.d/vsftpd restart
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる