MENU

【YAMAHA RTX】IPv4 over IPv6接続を使ってインターネットを高速で使う!

今回は、インターリンクの「ZOOT NATIVE」を契約して、
PPPoE接続のスピードが遅ーい環境から、IPv4 over IPv6の激はや環境に構築したいと思います。

目次

構築イメージ

今回は図の左のイメージに当てはまります。
ZOOT NATIVEを契約し、
自宅にあるDS-Liteに対応したRTX1210に設定を加えることで、IPv4とIPv6両方が使えるようになり、激はやになるということです。

https://www.interlink.or.jp/service/zootnative/


0.事前準備

# フレッツ・v6オプションへの加入

https://flets.com/v6option/
サービス情報サイトから、電話からもしくは、
プロバイダからの「フレッツ・v6オプション」を事前に加入しておきます。
※ 次に説明しているプロバイダ「ZOOT NATIVE」のオンラインで契約の際に、「v6オプション」を同時に申請することもできます。https://www.interlink.or.jp/service/zootnative/price.html


# ZOOT NATIVE プランの契約

https://www.interlink.or.jp/service/zootnative/index.html
今回は、ZOOT NATIVEプランを利用します。
こちらも事前に契約を済ませておき、設定値を確認します。

申請は簡単にすることができ、
プロバイダの発行も1日ほどもあれば完了できると思います。
(2ヶ月お試し期間があるのもいいですね!)


1.IPv6対応にする

# ルータのconfig流し込み

まずは、ルータ(RTX 1210)をv6接続ができるようにするため、
configを追記します。
ひかり電話を利用している場合と、利用していない場合でconfigが異なるため、注意が必要です。

参考:http://www.rtpro.yamaha.co.jp/RT/FAQ/FLETS-HIKARI-NEXT/ipv6_ipoe.html

ipv6 prefix 1 ra-prefix@lan2::/64
ipv6 lan1 address ra-prefix@lan2::1/64
ipv6 lan1 rtadv send 1 o_flag=on
ipv6 lan1 dhcp service server
ipv6 lan2 dhcp service client ir=on
dns server dhcp lan2
ngn type lan2 ntt
ipv6 route default gateway dhcp lan2
ipv6 prefix 1 dhcp-prefix@lan2::/64
ipv6 lan1 address dhcp-prefix@lan2::1/64
ipv6 lan1 rtadv send 1 o_flag=on
ipv6 lan1 dhcp service server
ipv6 lan2 address dhcp
ipv6 lan2 dhcp service client
dns server dhcp lan2

今回、私が構築した環境では、「ひかり電話を契約していない」ため、RAプロキシの方を流し込みます。


# IPv6に対応しているか確認

IPv6 チェックサイトにアクセスして、
IPv6接続ができているか確認します。
https://test-ipv6.com/index.html.ja_JP

または、NTTのv6サービス情報サイトにアクセスできていれば問題ないことが確めます。
https://flets.com/next/square/connect/


2.「ZOOT NATIVE」を利用した「DS-Lite」接続の設定

# DS-Liteを用いたconfig流し込み

参考1:http://www.rtpro.yamaha.co.jp/RT/docs/ipip/index.html#setting9
参考2:https://faq.interlink.or.jp/faq2/View/wcDisplayContent.aspx?id=468

ここからは、「tunnel 1」を作成し、そこをデフォルトにして「IPv4」と「IPv6」インターネットに接続します。

現状、PPPoEなどを利用されている場合には、この作業で切り替わります。

RAプロキシのタイプで、かつ、AFTRアドレスは、NTT東日本で使える「2404:8e00::feed:100」を設定します。(※参考2のURLの最後を参照。)
西日本で利用される方は、「2404:8e01::feed:100」などを利用してください。
拠点Aは光電話を契約していないため、RAプロキシです。

 ip route default gateway tunnel 1

 # LAN側設定 (自身の環境に合わせて変更します。)
 ip lan1 address 192.168.100.1/24

 # NGNとの接続設定は既に設定済みのため省略

 # AFTRに対するIPIPの設定
 tunnel select 1
  tunnel encapsulation ipip
  tunnel endpoint name 2404:8e00::feed:100
  tunnel enable 1

 # DHCPの設定は必要な場合のみ
 dhcp service server
 dhcp server rfc2131 compliant except remain-silent
 dhcp scope 1 192.168.100.101-192.168.100.200/24

 # DNSの設定
 dns server dhcp lan2

# DS-Lite接続に切り替わっているか確認

IPv6 チェックサイトにアクセスして、
transix網を利用して、IPv4・IPv6接続ができているか確認します。
https://test-ipv6.com/index.html.ja_JP

3.あとは…

さて、次はと行きたいところですが、
なんと、これで切り替えが完了です。


とても簡単に切り替えることができました!
私の環境では、15mbほどだったスピードが、250mbほどに、、、

数値的にも、体感でもめちゃめちゃ速くなりました!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる